ハイリンド vol.17

2016年8月23日(火)~31日(水)
於: SPACE 梟門

作・演出
早船聡(サスペンデッズ)
出演
伊原農
枝元萌

工藤潤矢
勝平ともこ
高安智実
※全13ステージ

2016年7月15日(金)大安 発売開始

詳細はこちら

メンバーブログ など

これまでのハイリンド公演    

第13回

エキスポ

牡丹燈籠

第11回

牡丹燈籠

グロリア

第10回

グロリア

森モリ公演

第8回

森モリ公演

proof

第6回

proof

もやしの唄

第5回

もやしの唄

牡丹燈籠

第2回

牡丹燈籠

―初恋

第1回

―初恋

類は友を呼ぶ(リンク)

加藤健一事務所

演劇界の巨匠・加藤健一氏が一人芝居『審判』をやるために30年前に設立。 現在に至るまで年3回、本多劇場他全国での公演を行う。 ハイリンドメンバーが出会った場所。ここの養成所で3年間研鑽を積んだ。 加藤さんには旗揚げ公演の演出をお願いした。外部初演出だったらしい。

JAM SESSION

古典作品の演出の見事さは他に類を見ない演出家・西沢栄治氏のユニット。 ハイリンドではvol.2『牡丹燈籠』、vol.4『幽霊はここにいる』の演出をお願いした。                                                                                                                    

サスペンデッズ

新進気鋭の作・演出家、早船聡率いる劇団。 早船さんには合同公演『グロリア』を書き下ろし、演出して頂いた。 初めての試みだったが、旧知の仲の様なチームワークが生まれた。

花組芝居

「ネオかぶき」を信条とする、今や老舗の部類に属する先輩実力者劇団。 vol.9『泣き虫なまいき石川啄木』を演出して下さった水下きよし氏が所属。 ちなみに水下さんの本業は役者。ステキです。

中野成樹+フランケンズ

かた苦しくなりがちな翻訳劇を「わかりやすく味わい深く」上演する"誤意訳"を標榜し 全くの古典を全くの現代劇に料理して世に送り出すカンパニー。 主宰の中野成樹氏にはvol.8「森モリ」公演で誤意訳・演出して頂いた。

演劇企画JOKO

元劇団昴の演出家、美術家、制作者による集団。 演劇制作の他、演劇学校、演劇的トレーニングプログラムの開発等、多岐にわたり活動。 所属の演出家・松本永実子氏にはvol.6『proof』の演出をお願いした。

hylla official website

ハイリンドのチラシ、ロゴ、パンフレットのデザインを一手に引き受けるデザイナー、西山昭彦氏のHP。 そのセンスの良さと仕事の早さは正にプロフェッショナル。 毎回大きく変わる作品の雰囲気を見事に捉え、具現化する技術には定評がある。

夏生かれん Official Web Site

ハイリンドに関する写真を全て撮影して頂いているカメラマン、夏生かれん氏のHP。 チラシでのステキな写真の数々は彼女の手によるもの。 ポラロイド写真集『恋するポラロイド』、絶賛発売中。